買い付け代行受付中♪

【中間反抗期の子供との付き合い方】私はこうやって対応しています

 

皆様、こんにちは!

うちの娘、只今絶賛反抗期中です!!
もうね、2歳とかのイヤイヤ期とは比べ物にならないくらい厄介で。。。
とにかく何でも嫌で、すぐご立腹。

「手に負えない!」って困っている方も多いんじゃないでしょうか?

今回は今お子さんが5、6歳の中間反抗期で困っている方に向けて、どう子供と向き合っていけばよいかを紹介します!

この記事はこんな方におススメです

  • 子供が反抗期みたいで手に負えない
  • 中間反抗期って何?
  • 反抗期の対応の仕方が知りたい
  • 他の子の中間反抗期ってどんな感じ?
目次

我が家の娘の中間反抗期

ある時急にやってきた反抗期。

とにかく全く親のいう事を聞きません。
そして口答えが多くなり、時々親の注意を無視するんです。
6歳にもなると沢山の言葉を使えるようになるので、一丁前に反論してきます。

また、ある時は自分で全部やりたいらしく、その時に少しでも手伝おうとするものなら直ぐに機嫌を損ねご立腹モードに突入します。(朝とか時間が無い時はどうしても手伝いたくなってしまう)

その後はもう何を言ってもダメでずっと機嫌が悪いまま過ごします。

とにかく何でも嫌みたいです。。。

初めのうちは「なんで我が子だけこんなにわがままで難しいんだろう?」と「中間反抗期」というものを知らなかったのですごく悩みました。

そして二歳の時のイヤイヤ期とは違って攻撃的なんですよね。物に当たったりとか、叩いてきたり。
力も強くなっていますから結構痛くて。。。

中間反抗期って何?

あまりにも大変でネットで「6歳 反抗期」と検索したところ、この5,6歳という年齢は「中間反抗期」と言うものがある事を知りました

中間反抗期は二歳ごろと言われている第一次反抗期と、思春期ごろの第二次反抗期の間に起こる反抗期の事で、子供の心の成長ともいえます。

Hanakoママ

中間反抗期の特徴

特徴として、親に口答えをする事が挙げられます。

専門家

子供とは思えないような表現や言葉遣いが増える子供もいますが、それは親の会話などの環境から学習している場合が多いですね。

反抗的な発言が増えたり、言葉遣いが悪くなったり、大人の行動を冷静に見て批判するなどの言動が目立ち、親にとっては子供への接し方が難しい時期になります。

また、他の特徴として

  • イライラしてすぐ怒る
  • 注意しても聞かない、無視をする
  • パパやママと話したがらない
  • 手助けを嫌がる。
もっちー

まさにうちの娘ですわ。

いずれの態度も親から自立しようとする気持ちの表れで、「自分で考えて行動したい」という気持ちの高まりからこのような態度になるようです。

 

中間犯行にになる原因ってあるの?

親子のコミュニケーション不足が原因の場合も

個人差はありますが、親子のコミュニケーションが少ない家庭では中間反抗期が起きやすい傾向にあります。

例えば、共働きで親と接する時間が短い子や、弟や妹が生まれて構ってもらえない子などは中間反抗期が良くみられると言われています。6歳くらいの子供はまだまだ親に構ってほしいので、寂しい気持ちを反抗的な態度で表しているのです。

自分の気持ちを上手くコントロールできない

失敗をすることで悔しい思いをしたりプライドが傷つき、この気持ちとうまく向き合う事が出来ないので、そのやりきれない気持ちを周囲にぶつけてしまう事があります。

友達や周りからの影響を受ける

中間反抗期のころは友達との関わり合いから今までになかった知識を得ることで、子供は「なんでも知っている」と感じます。

親からするとまだまだ子供なのですが、子供は自分が成長したと感じているので親に対して反抗的な態度や言葉遣いをするなど、背伸びをした行動をするようになります。

中間反抗期の上手な接し方

子供の話をちゃんと聞いてあげる

子供がぐずっていたり反抗的な態度をとっていると、親だってイライラしてしまいます。でもだからといって子供のいう事に頭ごなしに否定したり、無理やりいう事をきかせようとしたりするのは逆効果!

イライラする気持ちをグッと抑えて子供の話を聞いてみましょう。

もっちー

しっかり子供の目を見て話を聞くようになったら、どうして反抗的な態度を取ったか教えてくれました。

ダメなことはダメと教える

長々とお説教をしたり頭ごなしに叱ったりしては子供の反抗心を煽ってしまいます。

重要なことは短く簡潔に伝えましょう。他人と比べる、人格否定をするような𠮟り方は避けてくださいね。

これだけは守ってほしい」という事をしっかりと子供と話しておくのも大切です。

もっちー

うちは娘とルールを一緒に考えて紙に書いて見えるところに貼っています。

愛情をしっかり与える

5,6歳くらいの子はまだまだ親に甘えたいもの。
反抗的な態度をとったと思ったらママーと甘えてくる事もあるのが中間反抗期。

子供が甘えてきたときはたっぷり甘えさせてあげましょう!

大好きだよ」「あなたは私の宝物なのよ」と大切に思っている気持ちを伝えてあげると子供は「自分を認めてくれている」と感じて安心します。そして新しいことにどんどんチャレンジしようという気持ちも高まります。

もっちー

もし喧嘩してしまっても、「喧嘩しちゃったけど、ママはあなたが大好きだよ」と伝えています。

【まとめ】中間反抗期は成長した証

反抗されるとどうしてもイライラしちゃいますよね。
でも、中間反抗期は成長したから起こるもの。
決して育て方が悪かったわけではないので、落ち込む必要はありません。
子供の成長で必要な時期なのだとポジティブに受け止めるように出来るといいですね。

また、本当につらい時は、一人で抱え込まないで、同じ悩みを持つ人に相談することが大切です。
信頼できる友達や相談相手を探して、できるだけ色々な人と話してみると結構みんな同じような事で悩んでいるのが分かると思います。

私も一人の人間として子供と向き合い、中間反抗期を頑張って乗り越えていきたいと思います。

お家がオモチャだらけで散らかっていませんか?
これからはオモチャのレンタルを活用して必要なオモチャだけ必要な時に!

おもちゃコンシェルが年齢や知育に応じたおもちゃを個別にプランニング♪
徹底的な洗浄とクリーニングでとっても清潔なのが嬉しい。
30日までの全額返金保証がついているので安心して始められます!

お試しプランもあるので気になったらこちらから見てみてくださいね。

知育工具が使いたい放題で1日78円

ポチっと応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる