買い付け代行受付中♪

フィンランドで落とし物をしたら返ってくる?返ってこない?

 

こんにちは!

もっちー

あなたは今までに落とし物をした事ありますか?

大半の人が何かしら落とし物して無くなっちゃったっていう経験があると思います。

もちろん、私も下記のような場所で何度か落とし物したことがあります。

  • 電車の中
  • 歩いている時
  • 学校
  • 職場
  • 旅行中など

落とした物って返ってきますか?

私は日本で無くした物は半分以上は返ってきた記憶があります。
私の日本の友人も『財布を無くしたけど返ってきた』と言っていた人がいました。

日本ではみなさん親切にちゃんと警察や駅員さんなどに届けてくれるみたいですね。

もっちー

ありがたいです~!

さて、フィンランドではどうでしょう?
落とした物、返ってくると思いますか?

目次

フィンランドでトラベルカード(公共交通機関のカード)を無くす

まだ私がフィンランドで学校に通っていた頃の事。

トラベルカード(公共交通機関のカード)を普段から持ち歩いて電車に乗って学校に通っていました。

フィンランドではトラベルカードと言って公共交通機関のカードへ入金して、そこからバス、トラム、電車、地下鉄などの料金を支払えるようになっているんです。(現在はスマホアプリでの支払いが主流ですが)

フィンランドのトラベルカード

ある日、いつものように学校が終わって帰ろうと電車に乗る時にトラベルカードを探しましたが、どこを探してもないんです。

もっちー

あー、どこかに落としちゃったかも。。。

どうしよう、どうしよう。

朝学校に行く時はどうだったかな?

覚えがない。

というのも、フィンランドの電車の駅には改札がなく、駅員さんが不定期で回ってきた時に乗車券を見せるようになっているんです。
私は定期券を購入していて、毎回電車に乗る時に支払いをしなくてもよかったので、朝トラベルカードを持っているか確認していませんでした。(朝は無断乗車しちゃった事になりますね。すみません)

となると、もうどこで落としたのか分からない!!

トラベルカードには2か月分の定期券(100€くらいだったかな?)と、現金を30€ほど入金してあったので、もう気分はどん底でした。

とりあえずその日は駅のチケット販売機で乗車券を買って帰宅。

自宅に帰って無くしたトラベルカードを探してみる

自宅に帰ってきてすぐに、家中探してみましたが見つかりません。

もっちー

もうこれは確実にどこか外で落としたな。

ここは外国。
日本では落とし物は返ってくることが多いけど、さすがに無理かなと諦めて夫にその話をしました。

そうすると、

1回、HSLに電話してみたら?

HSLというのは、ヘルシンキ近郊の公共交通機関の事。

次の日にHSLに電話してみました。

もっちー

トラベルカードをどこかで落としちゃったんですが、届いていませんか?

HSLの職員

届いていますよ。○○へ取りに来てください。

え!?届いているの?

フィンランドの人優しいー!!!!

絶対返ってこないと思っていましたよ!

もっちー

届けてくれた人ありがとうー!!

ヘルシンキのHSLオフィスに落とし物を取りに行く

早速HSLのオフィスに取りに行くと、私のトラベルカード戻ってきました。

カウンターで残高を確認してもらいましたが、全く利用されていなく、入金してあった30€はちゃんと残っていました。

もっちー

なんてすばらしいの!フィンランド!

HSLの人が言うには、駅のホームに落ちていて誰かがわざわざHSLのオフィスまで届けてくれたそうです。
フィンランドでは駅員さんが駅のホームに居ないですからね。

もっちー

どなたか存じませんが、本当にありがとうと伝えたいです

 

フィンランドでの落とし物は見つかる可能性が高い!

他にも、フィンランドは寒い国なので、手袋やら帽子やら色々道端に落ちていることが多いです。

私の娘も本当によく手袋をどこかに落としてきます。

そういった落とし物を見つけると、フィンランド人は拾って近くの目につきやすい場所に置いておいてあげるんです。

こんな感じで見やすい場所に置いてくれます。
もっちー

素敵ですよね。

また、ある時は落とし物をした直後に別の人が拾って、走って追いかけて届けてあげているのを何度も見かけました。

フィンランド人、日本人に負けず劣らず優しくて親切だなと思います。

【まとめ】フィンランドの人々は優しかった

フィンランドでは、落とした物は返ってくる確率が高い!!

優しい国民性は日本人と似ていて、「落とし物をして困っているだろうから、ちゃんと届けてあげよう」と思ってくれる人が多いのかなと個人的には思います。

私ももし落とし物を見つけたら、適切な場所に届けるなり見つけやすい場所に置くなりして、持ち主に届けてあげたいなと思いました。

あなたの落し物はどうでしょう?戻ってきましたか?

あれ?どこ行った?を解決するTile

急いで出かけなければならないという時に限って、カギがない!という経験ありませんか?

そんな時こそTileの出番!大切なものにTileをつけておけば「音」を鳴らして場所をお知らせ。探し物が見つかりやすくなります!

Tileは全世界195の国や地域で大切なものを探すお手伝いをしており、世界中に広がる「Tile」コミュニティーは1日に最大600万個の大切なものを見つけ、持ち主に知らせています。

 

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード。

  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • ホテルズドットコム: ホテル検索サイト。10泊とまると1泊サービスやキャンセル料無料。
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる