買い付け代行、予約代行受付中♪

【フィンランドの義母直伝】絶品サーモンスープ(ロヒケイット)を作ろう!

 

こんにちは!

フィンランドの伝統料理の一つに、サーモンスープがあります。
フィンランド語では『Lohikeitto(ロヒケイット)』と言います。

もっちー

Lohiがサーモン、Keittoがスープと言う意味です!

フィンランドのサーモンスープはごろっと沢山の野菜とサーモンをたっぷり入れるのが定番で食べ応えがあります。
さらにディルを入れるのもフィンランド流です。

今回は美味しいサーモンスープのレシピを義母に教えてもらったので紹介したいと思います!

目次

フィンランドの基本のサーモンスープ(ロヒケイット)は3種類

出典: valio.fi

フィンランドの基本のサーモンスープは3種類あります。

  • 生クリームを使用した濃厚なサーモンスープ
  • 牛乳を使用したさっぱりミルクサーモンスープ
  • ブイヨンを使用したサーモンスープ

レストランでよく見かけるのは、クリーミーなサーモンスープですが、学校の給食などではブイヨンのサーモンスープが多い印象です。

この他にもトマト系のサーモンスープもたまに見かけます。

もっちー

ちなみに私は生クリーム使用の濃厚クリーミーなタイプが好みです。

どのサーモンスープも具材は同じで、ニンジンやジャガイモ、玉ねぎが基本で、あとはお好みで好きな具材を入れる感じになります。

サーモンスープは家庭でも簡単に作ることが出来る料理なので、フィンランドの家庭料理としても定番の一品です。

 


サーモンスープの作り方|フィンランドのおふくろの味

今回のレシピは生クリームを使った濃厚で絶品のサーモンスープレシピを紹介します。

冬の日にほくほく温まる優しい味です。

材料(5~6人分) 料理時間: 30分

  • じゃがいも: 450gほど
  • 玉ねぎ: 大1個
  • 人参: 2~3本
  • サーモン: 400g
  • ディル: 適量(乾燥タイプでもOK)
  • バター: 30g
  • 黒コショウ: 10粒
  • 生クリーム: 200㎖
  • フィッシュブイヨンスープなければコンソメなど: 800㎖
  • お好みでローリエを加えても◎
STEP
野菜を切る

ジャガイモ、ニンジンは皮をむき、適当な大きさに切る。
玉ねぎは皮をむきみじん切りにする。

STEP
サーモンを切る

サーモンをサイコロ状に切る。

STEP
炒める

大き目の鍋にバターを熱し、野菜を中火で3分ほど炒める。

STEP
スープで煮込む

ステップ3の鍋にフィッシュブイヨンスープと黒コショウを入れて野菜が柔らかくなるまで約10分ほど弱火で煮込む。ローリエもこの時に入れます。
灰汁が出てきたら取ります。
※10分経ったらここで味見をして塩で味を整える。

STEP
生クリーム、サーモンを入れる

生クリーム、サーモンを入れ3分程弱火で煮込む。
※沸騰させないように注意!
※サーモンは煮込みすぎると硬くなります。

STEP
盛り付けてディルを散らす

お皿に盛り付けたらディルを適量散らして出来上がり!
お好みのパンと一緒に召し上がれ!
フィンランドではライ麦パンと一緒に食べます

魚のハーブ『ディル』について

フィンランドで食べられているサーモンスープには必ずと言っていいほど、ハーブのディルが使用されるのが特徴です。

ディルは数あるハーブ類の中でも、「魚のハーブ」と言われるほど特に魚介類と相性が良いハーブです。

フィンランドの家庭で魚料理が作られる際は、魚の臭みを抜くための下処理や最後の仕上げとして、ディルは必要不可欠な食材なんです。

 

 

【まとめ】フィンランドのサーモンスープは簡単に作れる!

フィンランド伝統料理であり、家庭の味でもあるロヒケイットは、サーモンや野菜といった具材の旨味が詰まった、味わいたっぷりの絶品スープです。

作り方も至ってシンプルで、食材を切って、炒めて、煮込むだけというとても簡単な時短レシピとなっています。

たっぷりの具材が入っているのでボリュームは満点で、1杯飲むだけでも体を芯から温めてくれます。

是非、一度新鮮なサーモンで作ってみてくださいね♪

フィッシュブイヨンはコチラで購入できます↓

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次