買い付け代行、予約代行受付中♪

フィンランドの人気スイーツ6選|甘いもの大好きな在住者がランキングで紹介!

 

もっちー

こんにちは!
フィンランド在住、甘いもの大好きなもっちーです。

海外にはいろんな美味しそうなスイーツや、不思議なスイーツまで沢山あって面白いですよね。
最近では東京では海外のスイーツを扱ったお店も増えているようで、日本にいても海外のスイーツが食べられたりしますね。

フィンランドのスイーツにはどんなものがあるかご存じでしょうか?

フィンランドにも美味しいスイーツがありますよ!

今回は、フィンランドの人気スイーツを個人的に美味しいと思った順番にランキングでご紹介したいと思います。

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード

  • Hotels.com: ホテル検索ならココ。10泊すると1泊無料や特典がたくさん♪
  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
目次

フィンランドの人気スイーツ6選

フィンランドの人気スイーツはこの6つ。

  1. Laskiaispulla (ラスキアイスプッラ)
  2. Korvapuusti (コルヴァプースティ)
  3. Mustikkapiirakka (ムスティッカピーラッカ)
  4. Runebergin torttu (ルーネベルギン トルットゥ)
  5. Tippaleipä (ティッパレイパ)
  6. Mammi (マンミ)

名前だけ聞いても全然どんなスイーツか分かりませんよね。
これから一つずつ紹介していきますね!

1.生クリームたっぷり【Laskiaispulla/ラスキアイスプッラ】

美味しさ評価

第一位は、Laskiaispulla/ラスキアイスプッラです。

これが私の一番大好きなスイーツ!!

プッラというフィンランドのカルダモンのスパイスが効いた甘いパンに、中には生クリームとベリージャムまたはアーモンドクリームがたっぷり挟まれたスイーツです。

いつもジャム派かアーモンドクリーム派か議論になりますが、私は断然アーモンドクリーム派!!

こちらは、年中食べられるわけではなく、2月頃にカフェやスーパーで購入することができる期間限定スイーツ

もともとは1700年代にスウェーデンで生まれたお菓子、セムラ。
キリスト教の春の祝日であるイースター(復活祭)に連動する告解の火曜日に食べるお菓子として、1950年代にはフィンランドにも「ラスキアイスプッラ」が誕生したと言われています。

もっちー

期間限定スイーツという事で、私は2月になるとせっせとカフェやスーパーに出向きます!

2.フィンランドと言えば【 Korvapuusti/コルヴァプースティ】

美味しさ評価

第二位はKorvapuusti/コルバプースティです。

これは皆さんよくご存じシナモンロールです。

フィンランドのシナモンロールはカルダモンを生地に練りこんでシナモンと砂糖をたっぷりと入れるのが特徴です。

耳のように見える形も独特ですよね。

Korvapuusti/コルバプースティと言う名前も正に、パンチされた耳に見える形から来ているんですよ。

フィンランドのカフェでは置いていないお店の方が少ないほど定番です。

もっちー

お店によってしっとり感や、甘さ、大きさなどが違うので食べ比べるのも楽しい!

 

3.夏の定番【Mustikkapiirakka/ムスティッカピーラッカ】

美味しさ評価

第三位はMustikkapiirakka/ムスティッカピーラッカです。

これはブルーベリーパイの事です。

フィンランドのブルーベリーパイは、夏の間に森で摘んできたビルベリーと言う種類のブルーベリーをたっぷり入れて作ります。

ビルベリーは通常のブルーベリーよりも酸味や色が濃く、栄養価も豊富なベリーです。

そして、フィリングにはKermaviili/ケルマヴィーリというサワークリームに似たものを入れるので、さっぱりとしています。

フィンランドではこのブルーベリーパイにバニラクリームをかけて食べるのが人気

もっちー

夏の定番スイーツで、義母宅に行くと良く焼いてくれます。

他にも、中に入れるベリーをリンゴンベリーやルバーブにしたりして作ります。

4.二月のお菓子【Runebergin torttu/ルーネベルギン トルットゥ】

美味しさ評価

第四位はRunebergin torttu/ルーネベルギン トルットゥです。

毎年2月5日はフィンランドの国民的詩人、ヨハン・ルドヴィグ・ルーネベルグの誕生を祝う日。

その日にフィンランドで食べられるのがこちらのルーネベルグのタルト!


ヨハン・ルドヴィグ・ルーネベルグ(1804–1877)はフィンランドの文化と文学のアイデンティティ確立に多大な影響を与えた偉人で、彼の一つの詩はフィンランドの国家(Maamme-laulu) の歌詞となっています

言い伝えでは、甘いもの好きのルーネベルグに妻がキッチンの棚にあったもの(小麦粉、パン屑、ビスケットやアーモンド)でとてもおいしいタルトを作ったのがこのタルトと言われています。

フィンランドのカフェやスーパーで2月5日前後に売られます。

もっちー

アーモンドがたっぷりで美味しいんですよ!
上に乗っているのはラズベリージャムやリンゴジャムが一般的。

 

5.メーデーに食べる【Tippaleipä /ティッパレイパ】

美味しさ評価

第五位はTippaleipä /ティッパレイパです。

フィンランドではメーデーの日(5月1日 Vappu)に食べられる揚げ菓子です。

他の国にもファンネルケーキという似た物があって、それは外側カリカリで中はドーナツのように柔らかいというお菓子。
フィンランドのTippaleipä/ティッパレイパはファンネルケーキとは少し違い、中までカリカリです。

また、このTippaleipä/ティッパレイパと一緒にメーデーの日にはSima/シマという微炭酸のレモネードのような飲み物と一緒に頂きます。

6.好き嫌いが分かれる黒いスイーツ【Mammi/マンミ】

美味しさ評価

第六位はMammi/マンミです。

これは、ライ麦粉を練って塩、シロップ、オレンジピールなどで味付けして焼いた食べ物で、見た目は餡に似た黒いペーストをしていますが、味は全く異なります。

味はライ麦の感触がざらざらと残り、ほのかに甘酸っぱい。

何とも不思議な味です。

生クリームの中に入れて、砂糖やバニラクリームをかけて冷たい状態で食べるのがフィンランド流です。

こちらも期間限定のスイーツで、4月のイースター前後にスーパーで売り出されます。

ねっとりとした触感で「すごくまずい!」とまではいかないですが、好き嫌いが分かれそうですね。
ちなみに私は苦手です。

 

【まとめ】フィンランドの人気スイーツ、機会があれば食べてみてください!

フィンランドの人気スイーツ6選をご紹介しましたが、気になるスイーツはありましたか?

1位から5位までのスイーツはとっても美味しいので、是非フィンランドに来る機会があったら食べてみてくださいね!

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード

  • Hotels.com: ホテル検索ならココ。10泊すると1泊無料や特典がたくさん♪
  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次