買い付け代行、予約代行受付中♪

冬のフィンランド旅行おすすめコーデ|北欧の防寒対策はこれで完璧!

 

もっちー

こんにちは!
フィンランド在住10年、寒さにまだ慣れないもっちーです。

冬、フィンランド旅行や移住が決まったら何を着ていくか迷いませんか?
特に冬の北欧は寒さが厳しいので現地の人はどんな服装をしているのか気にまりますよね。

日本では「オシャレは我慢」と言われることがあります。

私はフィンランドに移住したのが冬でした。
移住した当初は、日本仕様の防寒着を「ちょっとくらい我慢我慢」とマイナス20度の中で着ていました。

今考えると信じられないくらい寒い格好に、「よくそんな靴履いてたな」と思うような底がツルツルの靴を履き、場違いな服装で数年過ごしていました(笑)

今はちゃんと天気、気温に合った服装をしているのでどんなに寒い日でも外出できます

今回は、冬(10月~3月)のフィンランドでの服装を紹介します。

この記事はこんな方におススメです
  • 現地の人は冬、どんな服を着ているの?
  • 日本の服って現地で浮かないかな?
  • どんな靴を持っていけばいいかな?
  • ラップランドのアクティビティでの服装が知りたい!

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード

  • Hotels.com: ホテル検索ならココ。10泊すると1泊無料や特典がたくさん♪
  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
目次

フィンランドの冬は長い

フィンランドの冬は12月から2月ですが、私の住んでいるヘルシンキ近郊は10月下旬には毎年初雪が降るので、感覚では10月下旬~4月上旬までが冬と思っています。

一年の約半分が寒い冬と考えると、とても長いですね。

しかし、しっかりとその天候、気温に合わせた服装をしていたら大丈夫です!
マイナス20度でも全く心配いりません♪

フィンランドの冬の気温

フィンランドの冬の気温はここ数年温暖化の影響なのか、気温、降雨量、降雪量が例年通りにはいかずバラバラで、予測できない状況にあるそうです。

私が移住した10年ほど前のヘルシンキの冬はマイナス20度前後の日が多く、これぞフィンランドと言う寒さでした。
しかしここ数年は暖冬でマイナス5度前後の日がだらだら続く感じです。

それでも一番寒くなる1月2月はマイナス20度前後の日が数日から数週間ありますが、以前と比べると大分温かくなった感じがします。

ちなみに、、、

フィンランドは気温の差が激しく、たった1日で20度近くの気温差になることが普通です。

もっちー

例えば、昨日はマイナス5度だったけど今日はマイナス20度!
なんてことは日常茶飯事です。

フィンランド旅行の際、服装も気温差に対応できるように工夫する必要があります

気温と体感気温の関係

寒さは気温だけでは決まりません。
風の強さや湿度をチェックする事もとても重要です。

もっちー

風や湿度があるとそれだけ寒さを感じやすくなりますからね。

マイナス10度以下の日に風が強いと、顔に針が突き刺さるような痛さを感じます。
「寒い」と言う感覚ではなく、「痛い」と感じます。

 

冬のフィンランド、おすすめの服装|ヘルシンキの街歩き編

冬の服装は、フィンランドで何をするのかによっても変わってきます。

例えば、ヘルシンキの街でショッピングや街歩きをするのと、ラップランドでトナカイのソリツアーに参加するのでは服装は違ってきます。

ヘルシンキで街歩きする時の服装とポイント

平均してマイナス5度~マイナス20度くらいになるヘルシンキ。

ヘルシンキのショッピングセンターやお店はかなりしっかりと暖房が効いていています
お店の中にジャケットを着たままずっと居ると、汗をかいてしまうくらいなので、サッと脱ぎ着できる重ね着がポイントです。

現地の男の人で厚手のダウンジャケットの下にはTシャツ一枚でヘルシンキにいる人もよく見かけます。
でもそれを日本から来た観光客が真似したら寒すぎて耐えられませんのでちゃんと下に書いた服を参考にしてくださいね♪

ヘルシンキで街歩きする時の靴と靴下

滑り止めや、撥水加工のフラットなスノーブーツに厚手の靴下必須

もっちー

私は滑り止めのスノーブーツを履いていても年に1回は滑って転んでいます。かなり痛いんですよね。
フィンランドでは道が凍ると砂利を撒いてくれますが、間に合わずにスケートリンクのような道を歩くこともしばしば。

特に年配の方ですが、このような靴に滑り止めを付けている人も良く見かけます↓

 

私はカナダブランドの【SOREL】のブーツを愛用しています。
撥水加工がしっかりしていて水がしみてくる心配なし!
普通の靴下1枚でも十分温かく、マイナス10度くらいならつま先が凍る事もありません

私はいつも街歩きには「SORELのライリー 」を愛用しています。


 

こちらのカリブーは街歩きと外のアクティビティをする時にも使える完全雪国仕様のブーツ。
長持ちするので1足持っていると安心↓

雪多めなアクティビティの時は「SORELのカリブー」。

ヘルシンキの冬で必要な靴下は、SORELのようなスノーブーツは普通の靴下だけでも大丈夫ですが、
基本的には普通の靴下に厚手のウールソックスを重ね履きします。

ヘルシンキで街歩きする時のボトムス/パンツ/スカート

ボトムスでおすすめは、ジーンズなどのパンツの下にタイツまたはレギンスを重ね履きする服装です。

街歩き程度であれば、薄手のタイツにジーンズで問題ないです。
ジーンズ一枚だけだと寒さが突き刺さります。

裏起毛のジーンズでもOK!

スカートはフィンランドの冬には向きませんが、スカートの下に厚手のタイツやパンツを履ければ大丈夫です。

ヘルシンキで街歩きする時のトップスは重ね着が大事

冬のヘルシンキで街歩きする時の重ね着例
  • 下着
  • 長袖の肌着
  • 薄手のセーター
  • 薄手のウルトラライトダウンまたはダウンベスト
  • 厚手のダウンジャケット
  • 薄手のマフラー

ポイント

  • ウルトラライトダウンはかさばらないし、脱ぎ着しやすいので必須
  • ダウンジャケットの中に薄手のダウンジャケットを重ね着する事でどんな寒さも安心!
  • ウールコートは寒すぎて使えません。ダウンジャケット必須。
    必ず腰が隠れる丈、フードにファーがついているジャケットにしましょう。
  • マフラーは薄手のものをジャケットの中にINします!

アウターのジャケットは日本のおしゃれな服屋さんに売っているダウンジャケットではなく、アウトドア用の撥水加工になっているものがおすすめ。

冬は天気が悪いことが多く、雪で濡れても大丈夫なジャケットが良いです。

もっちー

アウトドア用のジャケットは値は張りますが、やっぱり温かさが全然違います。

私は、これまたカナダブランドですが(笑)
カナダグース】のジャケットを愛用しています。
本当に暖かくて、カナダグースのジャケットならダウンの重ね着はいらないです

カナダグースのダウン」は極寒フィンランドでも最強!

 

日本ではジャケットについているフードってただの飾り程度という認識をしている人も多いと思います。

が、フィンランドでジャケットのフードはかなり重要です!!
さらに飾りの飾りと思っているファーは結構防寒に一役買ってくれています。

ヘルシンキで街歩きする時の手袋と帽子

帽子は耳まで隠れるニット帽にジャケットのフードを被るので、なんでも大丈夫です。

手袋は、厚手のミトンがおすすめ。
5本指のものよりミトンの方が暖かいです。

 

冬のラップランド(北極圏)でアクティビティに参加する時の服装

冬のラップランド(北極圏)で最適な靴と靴下

靴は「ヘルシンキの街歩き」でも紹介したSORELの「カリブー」のようなスノーブーツが必須。
カリブーは、マイナス40度に耐えられるように作られていてどんな極寒の地でも安心です。

雪多めなアクティビティの時は「SORELのカリブー」。

 

靴下は、厚手の靴下にウールソックスを重ね履きします。

冬のラップランド(北極圏)で最適なボトムス/パンツ/スカート

厚手のタイツまたはレギンスの上にスノーパンツを履きます。
他の選択肢はありません。

冬のラップランド(北極圏)で最適なトップス

肌の水分を外に逃がして体を暖かく保つポリエステルやウール、シルク、または2層素材のものがおすすめ。
その上にウール素材のものを重ねると水分はうまく逃げていきます。
綿は汗をかいたときに湿ってしまうのであまりお薦めしません。

街歩きの服装のセーターを厚手に変える、フリースをプラスするなどしましょう。

ジャケットは「ヘルシンキの街歩き」でも紹介したカナダグースのダウンジャケットが機能面とファッション性で最強だと思います。

カナダグースのダウン」は極寒フィンランドでも最強!

 

冬のラップランド(北極圏)で最適な帽子と手袋

帽子は、厚手の耳までしっかり隠れるニット帽にジャケットのフードを被る。
気温によっては、フードの上から厚手のマフラーをグルグルに巻いて口元まで覆ってしまうと温かいです。

手袋は薄手の手袋の上にスキーまたはスノボ用の撥水加工された厚手のミトンを重ねて付けます。

 

【まとめ】冬のフィンランドでの服装は重ね着がポイント

フィンランドの冬の服装ポイントまとめ

  • 重ね着
  • 脱ぎ着しやすい服
  • アウトドア用の撥水加工付きダウンジャケット+ファー付きフード
  • マフラーはジャケットの中にIN!
  • 滑り止め、撥水加工のスノーブーツ
  • 耳まで隠れるニット帽
  • ミトン型の手袋

とにかく寒さには重ね着と、風を通さない撥水加工のジャケットがとても重要です。

今回ご紹介した服装で私はフィンランドの極寒の冬をすごしています。

もし参考になれば嬉しいです。

冬以外の季節に旅行する方はこちらの記事を参考にしてくださいね!

【夏のフィンランドのおすすめコーデ】森歩きも街歩きもこれで完璧!
【春・秋のフィンランドおすすめコーデ】季節の情報も盛りだくさん!

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード

  • Hotels.com: ホテル検索ならココ。10泊すると1泊無料や特典がたくさん♪
  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次