買い付け代行受付中♪

フィンランドのヌークシオ国立公園でソーセージ焼きをしよう!

 

こんにちは!

フィンランドでは森で「マッカラ」というソーセージを焼くのが大人気!
フィンランドの森には焚火を行えるところが沢山あるんですよ。

今回実際にフィンランド・ヌークシオ国立公園の森でソーセージ焼きをしてきたので、やり方など解説していきたいと思います。

目次

ヌークシオ国立公園は
映画のロケ地にもなった有名な森

ヌークシオ国立公園はフィンランドの地元民にもとても人気な森で、映画「かもめ食堂」の撮影にも使われた森です

ヘルシンキの西約35㎞にある、面積45㎢の国立公園。
美しい湖やベーリーが豊富に実る豊かな森があり、ハイキングコースやサイクリングコースが多数整備されている。

ヌークシオはとても大きな森で、一番賑わっているのは「Haukkalampi」というエリアになります。このHaukkalampiはトイレなどの設備も整っていて、初心者ハイカーでも安心してハイキングできます。

テントを張ってキャンプしたり、湖で泳いだり、マウンテンバイクに乗る人たちにも人気で、色々な楽しみ方が出来ます。

Haukkalampiの設備サービス

1.トイレ

Haukkalampi森の入り口付近にはトイレを設置しています。
水洗ではないですが、森の中にしては奇麗なトイレが設置してあり、手洗い場も完備。
また、おむつ替えが出来る個室もアリ。

もっちー

最初はどんな汚いトイレかとビクビクしましたが、全く臭いも無く奇麗でした!
フィンランドの森にはトイレが無い所が多いのでありがたい!

2.カフェとカヤックやSUPボードのレンタル

小さなカフェもあります!
カフェではカヤックやSUPボードをレンタルする事ができます。
湖から見る森もまた違っていいものです。

もっちー

私たちはカヤックを30分レンタルしました。湖には数か所桟橋があって、カヤックを降りて上陸することが出来ます。

予約制のプライベートサウナ

もちろんサウナもあります。
サウナは事前に予約が必要で、こちらはプライベートサウナになります。

大人数での使用がお勧め!

料金は175€から

もっちー

サウナの目の前には湖があり、桟橋から飛び込んで泳ぐことも可能!

薪小屋と焚火可能な場所を設置してあり、誰でも利用できる

焚火が出来るエリアには薪小屋が設置してあり、薪を無料で誰でも利用できます
斧もあるので、薪が大きい場合は薪割りをして好みの大きさに割る事ができます。

焚火が出来る場所は屋外と、小屋の二種類があり雨でも利用出来るのが嬉しい!

 

フィンランドの森でソーセージ焼きをしよう!

今回我が家が利用したヌオティオパイッカ

フィンランドの森には焚火が出来る場所「Nuotiopaikka/ヌオティオパイッカ」が設置されています。
そこでは誰でも自由に火をおこしたり、グリルしたりすることが出来ます。

1.まずは薪を並べ、火を付けましょう
もっちー

大きな薪の間に着火剤や、木の皮、小枝など燃えやすいものを投入!

今回私たちはこちらの着火剤を使用しました。

こんな風に木の皮を剥いで焚火に入れると燃えやすいです。

2.焚火がいい感じに落ち着くのを待ちましょう

こんな感じがソーセージ焼きにベスト!

もっちー

燃え盛る炎でソーセージを焼くとすぐに真っ黒になってしまいます。
写真のように、炭の熱で焼くのが美味しく焼けるコツ!!

3.ソーセージを串にさして焼く

私たちはよくソーセージ焼きをするので、専用の串を持っています。

 

持っていない場合は木の枝を火であぶってからソーセージに刺して焼きましょう

こんな感じで木の枝に刺して焼きます
4. まんべんなく美味しそうな焼き色がついたら出来上がり!

焼いたソーセージは熱々なので、ティッシュやペーパーナプキンに包んで持ち、食べましょう。

もっちー

フィンランドでは焼いたソーセージにマスタードを付けて食べるのが人気♪

 

これこれ!これが美味しいんです!

ソーセージ焼きのポイント

  • 火おこしは、乾いた木の皮や小枝を先に燃やしましょう
  • 燃え盛る炎で焼かない事
  • 木の枝をソーセージに刺す前に、殺菌や枝を固く強くする目的で火で炙る
  • マスタードをつけて食べるのがフィンランド流
5.片づけまでしっかりと行いましょう

ソーセージ焼きが終わったら焚火の火は消しましょう。
木の枝などで炭を広げて消えやすい状態にしておいてくださいね。

また、ゴミは袋に入れて持ち帰るか、Haukkalampiには入口付近にゴミ箱が設置してあるのでそちらに捨てます。

分別もしっかりと!

フィンランドの森でソーセージ焼きする時の持ち物

持ち物は下の「森散策に必須アイテム8つ」の記事で詳しく紹介していますので、読んでみてくださいね!

ヌークシオ国立公園の行き方と詳細

公式サイト:https://www.luontoon.fi/nuuksio

行き方: ヘルシンキ中央駅から列車EまたはUで約30分乗り、「Espoo/エスポー」で下車。駅前のバス停から245A番「Kattila/カッティラ」行のバスで約30分乗り、「Haukkalammentie」下車。バス停の道を挟んで反対側の枝道を20分道沿いに歩くと公園の入り口(駐車場)に到着。

バスの本数が少ないので事前に確認しておきましょう!
質問などあればコメントください。

【まとめ】ヌークシオは初心者でも安心の森

炭火で炙って焼いたソーセージは格別に美味しいですよね。
森の景色や小鳥のさえずりを聞きながらのんびりと焚火を楽しむのは、最高の贅沢な時間だと思います。

今回紹介した「ヌークシオ」の森は、ヘルシンキから公共交通機関を利用し2時間弱で行けます。
トイレや、短いウォーキングルートもあって森初心者でも安心して歩ける森です。

時間に余裕のある方は是非ヌークシオの森でソーセージや気を体験してみてください!

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード。

  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • ホテルズドットコム: ホテル検索サイト。10泊とまると1泊サービスやキャンセル料無料。
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる