買い付け代行、予約代行受付中♪

フィンランドでは季節性うつに注意|暗い季節は光療法(ライトセラピー)が効果的!?

 

こんにちは!

フィンランドの冬は寒くてほんとーに暗い!!

寒さと暗さだとどちらがキツイと思いますか?

私がフィンランドに移住したばかりの頃にフィンランド人に聞いたことがあります。

もっちー

フィンランドの冬は寒くて大変ですね。

そうしたら、フィンランド人女性はこう答えたんです。

フィンランド人

寒いのは全然いいんだけど、とにかく暗いのが大変なの!

その時は移住して初めての年だったので、全然理解できず「暗いのがなんでそんなにつらいんだろう?」と思っていました。
でも、今はよーく彼女の行っていたことが分かります。

寒さは着こんで対応が出来るんですが、暗いのは滅入る!!

今回の記事はこのような疑問を解決します。

  • フィンランドの冬の暗さってそんなにキツイの?
  • フィンランド人は冬の暗さ対策は何かしてる?
  • ライトセラピー(光療法)って?
  • 季節性うつの対処方法が知りたい。
目次

冬のフィンランドは季節性うつ病(冬季うつ)になる人が多い

フィンランドでは10月くらいから段々と暗さが気になり始め、11月が一番みんなキツイと言います。

なぜ11月が一番キツイかと言うと、

  • 天気が悪くて常に暗い
  • 雪がまだ積もっていない事が多いので道路が黒い
  • 日照時間が短い

フィンランドの11月はとにかく天気が悪い

11月は常に雨がしとしと降っているか、曇りか、雪がちらつくかといった天気がずーっと続きます。

最近は暖冬という事もあり、雪がなかなか積もらないんです。
そうなると、道路や地面は真っ黒で空も暗くてとにかく暗い。

なので、フィンランド人は雪が積もって地面が白く明るくなるのを待ち望んでいます

日照時間についても11月は8時間ほどとかなり短くなっています。

ヘルシンキの日照時間
出典:sunrise.maplogs.com
もっちー

8時間もあったんだとちょっと驚きました。
なんせ天気が悪いせいで太陽なんて出ていないようなもの。

フィンランド人の季節性うつ病(冬季うつ)対策

1.ライトセラピーや光療法用のブライトライトを使う

フィンランドではライトセラピーが一般的に知られています。
どの家庭にも1台はこのライトセラピー用のブライトライトがあり、暗くなる秋~冬の間に良く使われています

もっちー

もちろん私も10月から3月ごろまで毎日使っています。

ライトセラピー(光療法)って何?

真冬のどんよりとした暗さで気分が落ち込む、冬季に限定して起こる

  • 疲れやすい
  • やる気になれない

こういった症状を「季節性うつ、」「冬季うつ」とか「ウィンターブルー」と言います。

その原因となるのは、「メラトニン」というホルモンで、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれています。
その「メラトニン」を朝、太陽光を浴びる事で抑制するのが効果的ですが、フィンランドのように太陽を浴びる事が出来ない場合、人工的なライトで代用しても効果があります

ライトセラピーは通常の抗うつ剤よりメリットが多い。
副作用が少なく、効果が早く現れるといいます。

また、産後うつにも効果的で、University of British Columbia研究者グループが行った研究では、患者18人にライトセラピーを8週間行った結果、症状が平均40%改善したという。

一般の家庭や職場で使用される照明は500ルクスを超えることはめったにないので、ライトセラピーを行う場合は専用のライトが必要です。

おすすめライトセラピー(光療法)用アイテム

ムーンムーンのinti4sは、人を目覚めさせる最大20,000ルクスの圧倒的な明るさを出し、手の平サイズの光目覚まし時計「inti4s」です。

セットした時刻の少し前から、朝日のように少しずつ明るくなり、最適な「目覚めの光」を照射し快適に起こしてくれます。

inti4sの特徴
  • 夜明けの太陽の光を再現 : 徐々に明るさを増していく日の出機能
  • エナジーライト機能 : 強い光を浴びる事で日中を活動的に過ごせる
  • 10段階の明るさ調節 : シーンに合わせて使い分けできる
  • 大音量アラーム : 光だけじゃ心配な場合も安心

 

大きいライトでしっかり光を浴びたい方はこちらがおススメ

  • ” 30cm ” の距離で10,000ルクスの照度を実現する光療法の標準器。
  • 光目覚まし時計機能。自動消灯タイマー付き。

 

ライトセラピー(光療法)のメリット

  • 冬季うつ(季節性うつ)の症状改善
  • 産後うつの症状改善
  • 集中力が上がる
  • 通常の抗うつ薬と比べ、副作用がなく効果が速い
  • 体内時計を整える

ライトセラピー(光療法)を行ってはいけない病気

  • 網膜ジストロフィー
  • 加齢黄斑変性
  • ポルフィリン症
  • 全身性エリテマトーデス
  • 慢性光線過敏性皮膚炎
  • 日光じんましん 

私のブライトライトを使った効果

私はライトセラピーでかなり救われています。
ブライトライトが無かった時と比べると格段に朝が楽になりました

冬になると本当にベッドから出れないんです!
目覚めてすぐに「あー、何にもやる気になれない」と思っていたのが、さっと起きれるようになったのが一番の嬉しかったこと。

フィンランドの部屋の照明ってオレンジ色が多く、ちょっと暗めで全然光が足りない!!

勉強する時やパソコン作業する時にもそばにライトを置いているんですが、明るいとなぜかやる気が出るんですよね。

とにかく冬の時期にはかかせないライトです!

 

2.ビタミンDのサプリメントを摂る

フィンランドの北部では冬は全く日が昇らない極夜が続き、ヘルシンキでも太陽が出ない日が長く、太陽光を浴びないとビタミンDが不足してしまいます。

そして、ビタミンDが不足することで(うつ)になりやすくなります。

ビタミンDは太陽光を浴びることで体内で生成されます。
食品からでも摂れますが、足りないので太陽光を浴びる必要があります。

ビタミンDには、食物からのカルシウム吸収を促し、血液中のカルシウム濃度を一定の濃度に保つ働きがあり、骨格を健康に維持するのに役立つ。骨量を保ち、骨粗鬆症を防ぐためにビタミンDは必須。
最近の研究ではビタミンDには、肝臓がん、肺がん、乳がん、前立腺がんなど、さまざまながんに対する予防効果があることもわかってきました。

参考: Medi palette

フィンランドでは赤ちゃんの時から保健師さんに

保健師

毎日ビタミンDをあげてね

と言われます。(フィンランドでは液体の赤ちゃん用ビタミンDが売られています。)

フィンランドの薬局やスーパーには数多くのビタミンDサプリが並んでいて、みんなせっせと飲んでいますよ。

家ではムーミンのイチゴ味を飲んでいます。

日本でも現代人の40%がビタミンD不足と言われているそうです。

  • 太陽光を最近浴びてないな
  • 冬は引きこもりがちで元気がでない
  • 日焼け止めをしっかり塗っている
  • 魚を食べる機会が少ない
  • 妊婦さん

こんな方はビタミンDが足りていないかもしれません。

フィンランドで必須の『ビタミンD』サプリは日本でも近年注目されています。

この「D3プラス葉酸グミ」では2粒で1日に必要なビタミンDを摂ることができます
一般のサプリと違いグミタイプなのでおやつと同じ感覚で食べられるのが嬉しい。

食べやすい小粒のグミで必要な栄養素が無理なく接種できます。


送料無料!1袋あたり840円~

【まとめ】冬季うつにならない為にしっかり対策しよう

冬のどんよりとした気分が上がらない感じってほんとにつらいですよね。
私も真っ暗な冬のフィンランドで、「冬季うつじゃないかな?」と思うような年が何年もありました。

そんな気分は、ビタミンDの摂取やライトセラピー(光療法)を取り入れる事で私はかなり楽になったので、もし同じような悩みをお持ちの方は試してみる価値ありです!

サプリは今手軽に手に入りますし、ブライトライトライトは病院の抗うつ薬と比べると安全で効果が早く出るのでおすすめです。

フィンランド旅行の参考に!

  • arucoフィンランド: 旅行に必須のガイドブック。小さめサイズで持ち運びやすく、カラフルで楽しい!
  • エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険も自動付帯。旅行好きなら必ず持っていたいクレジットカード

  • Hotels.com: ホテル検索ならココ。10泊すると1泊無料や特典がたくさん♪
  • サプライス: HISが運営する格安航空券比較サイト。最低価格保証で他より高ければ返金もしてくれて安心!
  • Scoop: 北欧インテリア好きの間では超有名なショップ。アラビア、イッタラ、アルテックなど素敵な商品が沢山♡
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次