買い付け代行 受付中♪詳しくはクリック!

サンタクロース村のスノーマンワールドを徹底紹介!冬のフィンランドの美しい氷の世界を体験

もっちー

スノーマンワールドに行ってきました!
全く期待せずに訪れたのもあってか、想像以上に楽しかった♡
特に子供連れの方にはおススメです。

フィンランド北部に位置するロヴァニエミには、冬の間だけオープンするスノーマンワールドがあります。
人気観光スポット、「サンタクロース村」敷地内にあるのでアクセスも簡単です!

氷と雪でできた、まるで物語の世界に迷い込んだかのような世界を味わえることができるスノーマンワールドには、様々なアクティビティや楽しみ方があり、冬のフィンランドを満喫するには最適なスポット

今回は、私が実際に訪れたスノーマンワールドの魅力や体験した楽しみ方をご紹介します。

ロヴァニエミ旅行を予約しよう!

フィンランド国内線の予約は以下の2サイトから購入できます。

フィンランド国内線を予約する

エアトリは日本国内最大級の航空券予約サイトで、知っている方も多いですね!

スカイスキャスナーは、月間1億人以上の人が使っている世界で人気の比較まとめサイトです。
特徴はその安さ。ただ、中には怪しい旅行会社も表示されるので海外旅行に慣れた中級者におススメです。

ホテル検索はアゴダが使いやすいよ!

割引クーポン必ず貰える

もくじ

ロヴァニエミにあるスノーマンワールドとは?

スノーマンワールドはフィンランドの北部、ロヴァニエミのサンタクロース村内にあります。

サンタクロース村の詳細記事はコチラから↓

雪でできたスノーホテルや、天井がガラスで覆われたオーロラ鑑賞に最適なグラスイグルーで有名なArctic SnowHotel & Glass Igloosグループが運営しており、同グループの施設であるスノーホテルやグラスイグルーも車で20分ほどの距離にあります。

スノーマンワールドでは以下のような体験が出来ます。

  • アイススケート
  • 雪の迷路
  • 雪の彫刻が美しいトンネル
  • チューブスライダー
  • アイスバー
  • ナイトディスコ
  • スノーレストラン
  • アイスホテルの客室見学
  • 氷の滑り台

スノーマンワールドは毎年新しく造られます。
それは施設のそのほとんどが氷と雪でできており、春になると自然と解けてしまうから。
毎年新たに造られ、冬の観光シーズンに合わせてオープンします。

新しいスノーホテルやアクティビティが追加されたり、テーマが変更されたりすることもあるため、何度訪れても毎年異なるスノーマンワールドを楽しむことができます

冬の間、12月から3月頃までしか体験できないロヴァニエミの観光スポットの一つとして、世界中から多くの人々が訪れます。

スノーマンワールドへのアクセス

スノーマンワールドはサンタクロース村の敷地内にあり、アクセスも非常に簡単です。

まず、ヘルシンキから飛行機や列車でロヴァニエミまで行き、そこからバスやタクシー、レンタカーを利用します。

サンタクロース村は空港の近くにあるので、飛行機を利用する方はロヴァニエミの中心街まで行く前に行くことをおススメします。

ロヴァニエミ空港からサンタクロース村まで: 車で約10分
ロヴァニエミ鉄道駅からサンタクロース村まで: 車で約20分

もっちー

我が家は今回飛行機でロヴァニエミまで飛び、その後レンタカーを利用しました。

ヘルシンキから列車での移動も人気が高いのですが、時間が掛かります。
その点飛行機だと1時間半ほどでロヴァニエミまで行けるので、時間短縮になって体力消費も少ない

フィンランドの国内線の予約方法やロヴァニエミへの詳細をまとめたので興味のある方は読んでね↓

ロヴァニエミでレンタカーを考えている方はこちらも参考に↓

スノーマンワールドへ潜入!

もっちー

では、スノーマンワールドに入ってみましょう!

スノーマンワールドはサンタクロースオフィスのすぐ近くにあります。

上記写真の施設名が彫られた氷の彫刻を探してみましょう!
この氷の彫刻、太陽の光が当たると文字が浮かび上がるような感じでととても綺麗です。

そのまま進むと、雪の壁にイベント情報が彫られています。

今回は残念ながらイベント期間中には行けませんでした。

2023年の情報

入口には営業時間や入場料が書いてありました。

スノーマンワールドの営業時間と料金

営業時間: 12月6日~1月6日 10時~20時、1月7日~3月19日 11時から19時

入場料金: 大人、子供共に28ユーロ

建物に入ると受付カウンターがあり、料金を支払います。
氷のレストランで食事をしたい場合は、事前に予約をしておくと確実でしょう。

写真がブレてしまいました。。。

料金を支払うと、リストバンドを付けてもらえます。
このバンドを見せれば、その日一日何度でも自由に出入りできます

スノーマンホテルで体験できるアクティビティ

施設に一歩入ると、彫刻が施された雪のトンネルが現れます。

オレンジ色の照明も加わり、異世界に来たかのような雰囲気を漂わせています。

氷の滑り台

トンネルを出て右手に進むと、氷の滑り台があります。
大きなかまくらのようなドーム型の天井で結構広い。

椅子にはトナカイの毛皮がかけられている。

この滑り台や階段、ベンチ、彫刻など全てが雪と氷でできており、唯一照明と滑り降りたところのマットだけが人工物で出来ている。

滑り台を滑ってみるとかなりよく滑り、お尻を氷に付けたくない大人はしゃがむ形で滑っていたが、最後までその体制を保てている人は少なかった。

もっちー

私も試しに滑ってみましたが、案の定すぐにつるっと滑って変な体制で滑ってしまい、その場にいた方達に笑ってもらいました。

スケートリンク

スノーマンワールドには広くはないけど、スケートリンクもあります。

スケートシューズは無料で貸出していて自由に利用できる。

スケートリンクのすぐそばに倉庫があり、そこにはずらりとサイズ豊富なスケートシューズが並べられています。

特にスタッフがいるわけではないので、自分のサイズを探してスケートを楽しんだ後は、各自もとに戻しておくスタイル。

雪の壁でできた迷路

雪の分厚い壁でできた迷路は、結構簡単な造りになっているので、子供がいたら楽しめそう。

我が家も娘とここでかくれんぼや鬼ごっこをしたら、かなり楽しそうにケラケラ笑って、後で聞いたら「この迷路が一番楽しかった」と言っていました。

もっちー

小さいお子さんがいる方はおススメです!

スリル抜群!チューブスライダー

スノーマンワールドでの一番のアトラクションと言っていい、かなりスリルのある滑り台です。

見た目以上にスピードが出て、私は1回でギブアップ。

真っ直ぐ滑り降りるだけならまだいいのですが、カーブがいくつかあり、チューブがくるくると回転してしまいます。
その先が見えない恐怖と、転倒しそうな恐怖とで、絶叫系が苦手な人や私みたいなビビりは怖いかもしれません。

でも娘や、他の方たちはとても楽しそうだったので、私がただのビビりの可能性もあります(笑)

スノーマンワールド|雪と氷の世界での食事

雪と氷のスノーレストランで食事を楽しむ

スノーマンワールドには雪と氷でできたレストランとバーがあります。
北極圏ならではの楽しみ方の一つとして人気です。
ハイシーズン中は予約すると確実!

スノーレストラン内は、思ったよりも寒くないというのが感想です。
もちろん、スノージャケットとスノーパンツを履いているからですが、風がないのでずいぶん温かく感じます。

毎年違った彫刻や照明で楽しませてくれるスノーレストラン。
今年はだれか分かりませんが、おじさんが壁に彫られていました。
歴史上の人物とか偉い人なのかな?

スノーレストランでは、毎日12:00、13:30、15:00にランチを提供しています。
ランチは3つのコースメニューになっていて、パン、選べるメイン、デザートとしてホワイトチョコが掛かったアップルパイが含まれます。

料金: 大人 24ユーロ、2~12歳 17ユーロ

雪と氷でできたアイスバーでお酒を楽しむ

アイスバーでは冷たい飲み物は氷でできたグラスで提供され、さらに温かい飲み物も用意されています。

ドリンクが飲める部屋はいくつか用意されており、部屋ごとにその壁の彫刻や照明が違い、楽しませてくれます。

氷でできたソファに座ってみると、トナカイの毛皮のおかげかそこまで硬さや冷たさは気にならない。

夜にはディスコが開催されます。
アイスバーで踊りながらお酒が楽しめるそうです。
年齢制限: 18歳以上

スノーホテルの客室も必見

スノーレストラン、バーの隣にはスノーホテルの客室も見学できるようになっています。

氷でできたベッドにトナカイの毛皮が敷き詰められています。
試しに寝てみましたが、分厚い毛皮が案外心地よく、普通に寝れそうだと思いました。

Arctic SnowHotel & Glass Igloosが運営

少し前に紹介した通り、ここスノーマンワールドはスノーホテルとして有名なArctic SnowHotel & Glass Igloosグループが運営しています。

スノーホテルや天井がガラス張りになっているオーロラ鑑賞に最適なグラスイグルーに泊まりたかったら、Arctic SnowHotel & Glass Igloosがおススメです!
見学もできるので、見て回るだけでも楽しいですよ♪

宿泊者と見学ツアーに参加する方用に、サンタクロース村とロヴァニエミ中心地からシャトルバスも有料(片道20ユーロ)で出ています。

もっちー

レンタカーならもっと楽々移動!
サンタクロース村から約20分の距離にあり、ほぼ一本道で迷う事はありません。この記事を参考に

Arctic SnowHotel & Glass Igloosは、スノーマンワールドよりもっと本格的な雪と氷の施設で、

  • スノーホテル
  • アイスレストラン、バー
  • チャペル
  • アイスサウナ
  • トナカイファーム
  • 湖の上でのソリやスノーモービル
  • オーロラ鑑賞
  • 雪の彫刻体験…など

さまざまな北極圏ならではの体験が出来ます

Arctic SnowHotel & Glass Igloosの口コミと料金をチェック!

フィンランド旅行に必須のエポスカードを準備しよう

海外に行くときに必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。
でもエポスカードを利用すると、無料で三井住友海上火災の保険の補償を受けられます。

パワーアップした補償も魅力!詳しくはこちらの記事を読んでね↓

もっちー

海外旅行好きには特にメリットしか無いので、一枚はもっておこう♪

エポスカードが人気の理由

  • 年会費無料
  • 有料級の海外旅行保険
  • 90日以上の旅行も保険適応
  • ICチップでスキミング対策
  • 盗難・紛失時の全額補償…など

2,000円分のポイント貰える

【まとめ】スノーマンワールドは冬のラップランドを楽しむのに最適!

スノーマンワールドは氷と雪でできた不思議な世界で、世界中から多くの観光客が訪れます。
アクティビティも充実しており、サンタクロース村へ行ったら一緒に訪れたい場所です。

一方で、寒さが厳しいラップランドでは寒さ対策が必要なので、暖かい服装や防寒具の着用が必要です。

寒さ対策をしっかりすれば、心温まる思い出や素晴らしい景色が待っています。
フィンランド北部に訪れる際にはぜひスノーマンワールドを訪れ、氷と雪の不思議な世界を体験してみてくださいね。

フィンランド国内線を予約する



\必ず割引クーポン貰える/

 

 

\海外航空券に特化で安い/

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ